老猫のニャンゴ

老猫ニャンゴの生活を、徒然なるままにつづります。

閲覧ありがとうございます。
ニャンゴは先日、天国へと旅立ちました。

徐々に食が細くなっているなと感じていたのですが、
最終的には水も飲まなくなり、老衰でした。

大往生であったと思います。

動物と共に暮らすということは、
老いてゆくのを見守り、最期を看取ること
辛いですが、避けては通れません。

最期の瞬間まで、ニャンゴの猫生が
幸せであったなら、良いなと願うばかりです。

ニャンゴは14歳の頃に、歯が全て抜けてしまいました。
それでもアゴの力で、カリカリを食べていました。すごいね。

ウエットなエサも、その頃から丸飲みですが、
こんなに長生きしてくれているので、健康に影響はないのかも。 
20160220_3
自分でツメを研ぐことをしなくなります。

そして、ツメがひっこまなくなるので、飼い主の爪切り必須です。
犬のツメみたいです。

↑このページのトップヘ